上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お正月から2日続けて自転車乗ってみました。

今日は、大ちゃんとKKさんと桐生まで、すごくまったりな
イージーライドな練習でした。

朝はえらく寒くて心配してたんですが、少しすると
だいぶ暖かくなってきまして、走りやすかったですね。

足利の山あいを平地メインで抜けて桐生市内に入り
しばらく行った所にあるオシャレな煉瓦作りのパン屋さん


ベーカリーカフェ レンガさん

初めて行ったのですが、パンとコーヒーが美味しく、
とってもリーズナブル。


パン3種類とサラダ、ドリンク付で630円!

今日はピアノの生演奏も聞けたし、まったりとした
時間を過ごすことができました。


走行距離 53キロ
平均時速 21キロ
平均心拍 138
平均ケイデンス 72

帰りのサイクリングロード、追い風で楽して、
ペダル回すのさぼってしまった。
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年は去年よりもブログ更新できるよう
がんばりたいと思います。

今日は元日ということもあり、唐沢山神社へ
初詣に行ってきました。

去年の感謝と今年のお願いをしてきました。

その後、大ちゃんと待ち合わせ、宇都宮に
LSDトレーニングに行ってきました。

走りながらLSDトレーニングのことを聞いたん
ですが、長くゆっくり走るだけでなく、
その中に、心拍数やケイデンスなどいろいろ
気をつけなければいけないことが多くあり
意識して走ると結構難しいんですね。

で、意識して走った結果、身体のあちこちが、
悲鳴をあげているようです。

特別飛ばした訳じゃなし、ある意味地味に走って
いたのにも関わらず、結構きています。

けど、久々に体を動かせて楽しかった。
今年はこんな時間を去年よりも作りたいです。

走行距離 86キロ
平均時速 24キロ
平均心拍 161
平均ケイデンス 84

心拍をもう少し下げて、ケイデンスも
意識してみよう。
いやー、間が空いてしまいました。
忘れちゃいそうというか、今更な感じもあるかもしれないけど…

クリテリウムは、今年で2回目。

宇都宮の大通り約800メートルを封鎖し、往復1.55キロを
20周回する距離の短いレースですが、会場が街中なので、
とにかく多くのお客様でにぎわいます。

「天気大丈夫かな?」「もうお客さんいるのかな?」
なんて、色々なことを考えながらバスに揺られてクリテの会場へ…。
いやぁ、既に多くのお客さんがいてびっくりでした。

バスを降りて、立哨ポイント向かい、同じ場所を担当する立哨員さんに
挨拶し、交通規制までの動きを確認しあいました。
クリテリウムでの立哨作業は、

①交通規制前の一般車とお客様の事故を避けるための誘導
②交通規制のためのフェンス設置
③規制中、レース中のお客様の観察、事故防止
④交通規制解除のためのフェンス撤去

時間が制限されているので、手際良くやらないとなりません。
交差点を封鎖するためのフェンスを、お客様の邪魔にならないところに
事前に移動しておいて、交通規制の合図に合わせて手際よく…
お客様の協力もあり無事に設置完了!レースを待ちます。(←②まで終わった)

しばらくすると、競輪場からパレードしてきた選手がコースイン!

オープニングのパレードランの後、定刻通りにレーススタート!

コースとフェンスの間で、お客様の方を向いてしゃがんで選手との接触等が
無いように注意します。
コースギリギリまで迫ってくるので、自分の背中のすぐ後ろを選手が通過します。
集団が通過するとすごい風圧がやってきます。(正直怖いです。)

選手通過の合間に、フェンスに設置したスポンサー様のバーナー、
しわったものを直したり、フェンスに異常がないか確認したり…。
結構やることあった。

順調に周回を重ねゴール。事故などが無く、無事にレースが終わったことに
ホッとしました。

そして、最後のお仕事「フェンスの撤去」なんですが…
レース終了後、交通規制が解除されるまで時間が結構あったんですよね。
お客様から「コースを横断して渡りたいんだけど…」と多くの声をいただいたん
ですが、事情を説明し規制解除になるまで待っていただきました。

待ち時間の間にフェンスをつなぐ部分を外し、撤去の段取りを確認。
解除と同時に速やかにフェンスを撤去できるように準備を進めます。

定刻通り花火の合図で規制解除。フェンスを撤去しお客様を誘導。

で、本日の任務完了。

寒い中、規制解除までコースわきで待っていただいたお客様には、
協力いただきまして大変感謝でいっぱいです。

で、日曜日のレースに続く。と思う。
リーディングビークル(先導者)からは、
忌野清志郎さんの「雨上がりの夜空に」が聞こえ、
担当の方のアナウンス…。

「みんなの思いで雨雲を飛ばして~」とか、

歌詞に合わせて、

「みんなのバッテリーもギンギンですか~」とか
面白くって緊張がほぐれた。

定刻通りフリーランから、ジャパンカップがスタート。

フリーランはレースじゃないので、比較的誰でもが参加できる
人気のあるサイクリングイベント。

あこがれのプロ選手がファンと一緒に走ってくれる。
とっても贅沢、ニタニタが止まらない、そんなイベント。
みんなハッピーなオーラがいっぱいでしたね。

そして。。。本格的なレースの始まり。。。

チャレンジクラス、オープンクラスとこの日のために練習を
重ねてきた選手の晴れの舞台。

出来ることなら、ドライコンディションで走ってもらいたかったけど、雨。

体も濡れてしまうし、コースは滑りやすくなってしまい、走るのも大変。

でも、走りにくいコンディションの中でも、走りに集中してもらえるように、
選手が近づくことを知らせる笛を吹いて、お客様にお知らせします。

選手が通過した後も、関係車両が走ってきますが、特に今回は、
レインコンディションで落車が多く、SAGWAGON(回収車)のみでは
対応しきれない場面もあり、救援車両の出番がありました。
そんな場合も、安全確保のため、車両が近づいたことを知らせるために
お客様を確認して笛を吹きます。

車両が通過した後は、お客様の誘導。
お客様がコースに出ないよう歩道に案内するも、歩道入口の杭が絶妙で、
自転車そのまま通過しないので、担ぎあげてもらう状態。

当然ベビーカーもすんなり通れないので、杭を避けるように上げねば
なりませんが、赤ちゃんいるので慎重に持ち上げます。
そんなこんなで、歩道入口はかなりの渋滞に。。。

この辺りは、お客様にストレス掛けないように、何か考えなきゃいけない。
そんな気がしました。

立哨ポイントでの動きも慣れてきたところで、午前中のレースが終了。。

トラブルがなく終えてホッとしつつ、同じポイントでの立哨員さんと、
翌日の動きなどの確認をしながら、バス乗り場へ…

バスに揺られて、午後のクリテリウムの会場へ…

(きっと続く…)
熱い2日間。ジャパンカップが終わりました。

今年は観客ではなく、立哨スタッフとして参加してきました。
2月にJCF3級審判員の資格を取って初めてのお仕事。。。
初めてのお仕事が、UCIのオ―クラスのレースですよ。。。

めっちゃ金鳥キンチョ―、緊張しまくり。くりごはん。

緊張のためか前日寝られなくって、
「寝坊して、集合時間に遅刻したらどうしよう」って考えたら
余計に寝られなくって…。

睡眠時間1時間ちょっとで朝になりました。

前日からの予報通り天気は雨。
土砂降りじゃないものの、やっぱり止んでもらいたい。

1日目、午前中は森林公園、午後が大通りでの立哨と盛り沢山。

集合場所の市役所に到着し、スタッフ専用バスで森林公園に…
受付を済ませて、森林公園の持ち場へ移動。。

持ち場は、補給エリアが終わって、ダムに向かう左折ポイント。

この場所お客様が集まるところ。写真も撮りやすいところ。
上手く行くと、ボトルもらえちゃったりする、ある意味人気の場所。

最初の仕事は、先輩立哨員さんと竹ぼうきをシェアして
コース上の落ち葉掃き。だけど、雨で葉っぱが張り付いて、
全然掃けません。落ち葉恐るべしです。

2011-10-22 07.57.04
掃除中です


掃除後は、パイロンで規制エリアを準備してレースを待ちます。

リーディングビークルのレガシィが通過して、熱い2日間のスタート。。。

続く?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。